スクール・スタッフより

ハトメ(靴講師内山より)

こんばんは。
靴紐を通すための穴は、革にそのまま小さな穴が開けられているタイプと、穴を開けた部分にハトメと言われる金具が付いているタイプ、穴以外のタイプと、何パターンかありますが、画像はハトメが付くタイプのものです。
DSC_2043_copy_2752x1548
補強効果もありつつ、使うハトメの色で雰囲気をガラッと変えることもできます。個人的にも好きなアイテムの一つです。
是非ワンポイントに使ってみてください!!

城完成(靴講師内山より)

こんばんは。
こちらは火曜フリーコースのMさんが作っている「白鳥パンプス」。度々ご紹介させていただいていますが、今回はお城に屋根が付いてほぼ城は完成!!
DSC_1943_copy_2752x1548
DSC_2040_copy_2752x1548
かなり細かいミシンも、ミスなく上手にかかっていてとてもいい感じです!!
またご紹介しますー

靴の型崩れを防ぐ(靴講師内山より)

こんばんは。
靴は木型という型にアッパーをまとわせることで靴の形になるのですが、ただ引っ張ってまとわせるだけでは木型を抜いたあと型崩れをおこしてしまいます。
あの形をキープ出来ているのはつま先と踵に芯が入っているからです。
DSC_1940_copy_2752x1548_copy_1376x774
硬さも色々あり、メンズ、レディース、カジュアルシューズとそれぞれ使い分けられています。
自分の靴のつま先触ってみてください。

元型(靴講師内山より)

こんばんは。
靴の型紙はまず木型のセンターより外側の半身を作りデザインのラインを整えていきます。
DSC_1981_copy_2752x1548
それが「元型」というベースの型紙となり、パーツはそこから複写させて、重なる部分を足したり、折り曲げ代を足したりしながら作っていきます。
DSC_1983_copy_2752x1548
ここでも場所によっては革の伸びを考えながら取ったりするのでその加減が難しいんです。

アッパーを反らせる(靴講師内山より)

こんばんは。
今日はローファーの甲パーツのお話。
ローファーはUチップと言われる甲の部分が大きな一枚のパーツで出来ている形のものが多いですが、他のデザインに比べこの部分の型紙の作り方が難しいのです。
DSC_1942_copy_2752x1548
立体のものを一旦平面の型紙にして、革で組み立てる時にまた立体にしていく。革の伸びを上手く使いながら貼り合わせることで反りがうまれます。
そうすると型崩れがしにくいいい靴ができるんです。
DSC_1944_copy_2752x1548
こんなに感じに。いい反り加減です!!

つま先穴模様(靴講師内山より)

つま先に飾り穴が開いている靴を見たことはあると思いますが、あの穴飾りのことを「メダリオン」といいます。
DSC_1984_copy_2752x1548
昔からあるこのメダリオンですが、いろんな模様やイニシャル、数字、漢字など、様々なものがありますが、特に決まりごとはなく自由に開けて楽しめます。
自分オリジナルを1から作るのはなかなか難しいですが何かをアレンジしたりしても自分らしさが表現できたりします。
メダリオンだけで靴はいろんな表情になりますので、是非一度お試しください。

シングルモンクストラップ(靴講師内山より)

こんばんは。
DSC_1980_copy_2752x1548
こちらは土曜フリーコースのHさんが作っているシングルモンクストラップです。
穴飾りあり、ウィングチップありとモンクストラップシューズとしては珍しい組み合わせですが、いい感じにまとまっていますね。
もともとは気になって買った金具を使いたくてモンクストラップにしたとか。
その始まり方もいいですね~
続きはまたご紹介しますー

キッズパンプス!!(靴講師内山より)

靴スクールでは、木型サイズ21㎝~29㎝まで幅広くご用意していますので、殆どの方は自分の足に合ったサイズで靴を作ることができます。
特に21㎝や29㎝といったサイズはあまり売っていないのでとても喜ばれています。(それ以外のサイズも、自分専用の木型としてご購入していただくこともできます。)
今回は上とは別のサイズのご紹介。
実は18、19、20㎝もローヒールタイプでしたら使っていただけます。主に子供用として使われる木型ですが、もちろんサイズが合えば自分用としても使っていただけます。
火曜フリーコースのAさんは娘さん用のパンプスを18㎝木型で製作しています。
DSC_1971_copy_2752x1548
口周りがフリフリでカワイイ感じです!!これにリボンの飾りとマジック式のストラップが付くとのこと。
スクールではあまり作っているのを見かけないサイズですのでカワイイです。
早く完成が見たいですね!!
またご紹介しますー

靴の型紙(靴講師内山より)

こんばんは。
靴の型紙を作るときは、木型に直接テープを貼りそこに完成をイメージしながら線を描いていきます。
その後その木型に貼ったテープをはがし紙に貼っていくのですが、立体から平面にするこの時にどうしてもシワが出ます。
DSC_1929_copy_2752x1548
そのシワを平面上で修正していきますが、そこが靴の型紙の一番大事なところで難しいところでもあります。
手順に従ってきっちり作れば問題はないのですが、デザインによっては革の伸びなども考えながらパーツを作っていくのでやっぱり難しいんです。

是非いろんな型紙(デザイン)に挑戦してみてください!!